トップページ愛京ブログ三重県 桑名市 六華苑 

愛京ブログ

三重県 桑名市 六華苑 

.

 

 

 

 

...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、三重県桑名市の六華苑(諸戸家)に行ってきました。

個人の所有だったとは思えない土地の広さでした。

こんな方の自宅です。↓

初代清六は幼名を民治郎といったが、民治郎が18歳のとき、庄屋まで務めていた旧家だった諸戸の家をつぶしてしまった父清九郎の名をひっくり返して清郎九つまり「清六」と変え、その時に「立志の誓い」を行ったという。その時の「立志の誓い」が現在でも諸戸家の家訓になっているというが、清六は、「時間是金也」、つまり「時は金なり」を信条として勤倹節約を実行し、米の売買を主に、わずか2年ほどで父のつくった膨大な借金を全部返済してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

清六は1872年、時の三重県令岩村定高と知り合ってから、政商的な色彩を強め、後に大隈重信松方正義品川弥二郎大倉喜八郎渋沢栄一森村市左衛門らと親しく付き合うことになる。西南戦争では米の相場で大儲けし、大蔵省御用の米買方となった。清六が米相場から、土地に手を出したのは1883年頃からであるが、「田地買入所」の幟を立てて買い始めたが、わずか5年ほどで清六が買い集めた田地は5千町歩にものぼった。清六の土地買いは、田地田畑だけではなく、その後、東京の恵比寿から渋谷、駒場に至る住宅地30万坪を買いまくり、ひと頃は渋谷から世田谷まで、他人の地所を踏まずに行けたといわれる。

1880年代後半から1890年代にかけて「住宅地」の買占めを行ったわけであるから、その先見ぶりは驚くばかりである。初代清六の二男精太は40歳の半ばにして早世したが、宇垣一成とは非常に親しい間柄になり、さらに父清六とつながりのある政治家や財界人との付き合いを深め、タオル事業や証券会社の設立などを行い諸戸家の事業をより発展させている。

凄い方ですね。!(^^)!

同じ土地を扱う方とは、知りませんでした。

建物が和風と洋館が繋がっていて珍しかったです。

見晴らしの良い庭が素晴らしかったです。

皆さんも一度良かったら行ってみて下さい。!(^^)!

 

お客様へ重要なお知らせ サイトリニューアルに伴うパスワード再設定のお願い

最近の投稿

2021.03.04
   朝日
2021.03.04
ツーリング 周山 ハンバーグ 京都
2021.02.20
ブルックリンスタイルのお家 桂に竣工致しました~!(^^)!
2021.02.13
ブルックリンのお家竣工しました☆
2021.02.12
祝 桂のO様邸完成致しました。!(^^)! 

もっと見る

執筆者一覧

カテゴリ一覧

アーカイブ

現在の登録件数
  • 1
  • 1
  • 2
  • 1
一般公開物件数
135

閲覧には無料会員登録が必要です

会員公開物件数
136

ご来店の方にのみ公開中です

店舗公開物件数
850

【登録無料】登録はカンタン!今すぐ登録!新規会員登録はこちらから

  • 【ご希望とマッチング!希望条件登録】ご希望の条件を登録するとすぐにメールで新着物件をお知らせいたします!
  • 【チェックを入れた物件の一覧】販売物件リストを見る
  • お店でVR体験!お気軽にご来店下さい!建てる前に建てる!

店舗のご案内

店舗の様子

TEL 075-382-6668 / 受付時間 9:00-21:00(水曜定休)

【来店予約はこちら】担当スタッフが対応します。お気軽にご相談ください。

【AIKYO BLOG(愛京ブログ)】建築中物件のご紹介や日頃の出来事を更新中!

  • 売却をご検討の方へ
  • 【特典付き】来店予約はこちら
  • 新築分譲・注文請負はアイタウンへ
  • お店でVR体験しませんか?

@500uodbn

Copyright(C) 株式会社愛京住宅 All Rights Reserved.

ページの先頭へ